食中毒(腹痛)の正体はアニサキスだった!新鮮な魚・イカに潜む厄介なヤツの対処法


スポンサーリンク



今や「アニサキス」という名前は、多くの方が知るものとなりました。

アニサキスとは、サバやアジ、イカなどに寄生している虫のことで、これを食べてしまうとひどい腹痛に悩まされることで有名な厄介なヤツ。

 

私も刺身を食べた後に腹痛になったことがあり、食中毒だと思ったのですが、実はアニサキスが原因だったということがあります。(アニサキス症)

アニサキスによる症状は、とにかくひどい腹痛に悩まされ、その痛みはまさに「激痛」そのもの・・・。

 

では、どこにアニサキスが潜んでいるのかや、症状、対処法までを下記で説明していきますね。

アニサキスについて

アニサキスは、スーパーで売っているサバ、アジ、サンマ、ブリ、カツオ、イカなどに普通に寄生している身近な寄生虫なんです。

白っぽい色で、大きさは2センチ~3センチほどの細い虫。

肉眼で簡単に確認できる、ミミズのめちゃくちゃ小さいバージョンといったところ。

 

アニサキスは熱に弱いので、寄生している固体であっても熱を通して食べるればアニサキスのリスクは全くありません。

 

問題は刺身で食べる場合です。

上記で書いた魚やイカは刺身で食べると最高に美味しいですよね。

 

なので、スーパーで売っているものや、1匹まるまる買ってきて自分で捌いて刺身にする方もいるでしょう。

ただ、それらは常にアニサキスのリスクが伴うのです。

考えるとちょっと怖いですよね・・・。

 

以前、度々ニュースでも取り上げられていましたが、スーパーで買ったイナダ(ブリの若魚)の刺身でアニサキスにあたったという例や、スーパーで売っていた寿司であたったという例まであります。

寿司ネタにまで入っているとか怖すぎ・・・。

 

ちょっと私がアニサキスにあたったときのことを話させていただきますが、私の場合もスーパーで売っているアジであたりました。

刺身用のアジを何匹か買ってきて、自分で捌いて刺身で食べたあとに急激な激痛に襲われました(汗

 

ちなみにアニサキスってこんなヤツです。
⇒ グーグル画像検索「アニサキス」(微グロ注意)

 

アニサキスを食べてしまうと寄生されるの!?

寄生虫であるアニサキスを食べてしまった場合、アニサキスの寄生されちゃうの!?

と、思うかと思いますが、アニサキスは人に寄生することはできません。

 

つまり人の体内で生きていくことができないんです。

人の体に入ると、アニサキスは苦しくなって胃や腸の壁に潜り込もうとするんですが、これがお腹に激痛が走る原因なんです。

 

症状としては、主に腹痛と吐き気のみ。

しかも、吐いたときに出るのは胃液のみで、頭痛や下痢なんかの症状は一切ありません。

ここがウイルス性の食中毒と異なります。

 

基本的に数日でアニサキスが排出される、または死んでしまうので基本的に待てば直ります。

普通であれば、アニサキスが人の体の中で生存できる期間は3日といわれています。

 

最大で3日耐え忍べばアニサキス症は改善したと思って大丈夫なんですね。

しかし、運が悪いと1ヶ月以上からだの中で生存し、痛みを与え続けることもあるそうです。

 

アニサキス症の治療

痛みにどうしても耐えられないというときは、病院で手術して取り除いてもらうことが出来ます。

一般的には胃カメラを使ってアニサキスを器具でつまんでヒョイっと取り出すといった感じです。

しかし、費用が数万とかなりお高いそうです。

 

アニサキスの弱点

  • 熱に弱い
  • 低温に弱い
  • アルコールに弱い

 

アニサキスは丸2日冷凍するとほぼ完全に死滅し、お湯だと60℃くらいで死んでしまいます。

また、アルコールにも弱い生き物なんです。

 

そこれ私の場合は、腹痛がひどいときにほぼ熱湯を頑張って飲んでみると一時的に激痛が治まったり、お酒を飲んでもやはり一時的に痛みが和らいだりしました。

一時的だったので、お湯やお酒を飲んでは体の向きを変えたり逆立ちしてみたり・・・

 

でもやっぱり一時的で、完全に死滅させることは出来ないようでした(汗

まあ、応急処置としては全然アリだと思いますよ!

 

また、よくショウガやニンニクなどの薬味を使うと効果的のように思いますが、これら強力な薬味もアニサキスを死滅させるほどではないようです。

 

アニサキスを回避するために

アニサキスはスーパーに売られている魚に普通に寄生しています。

ただし、通常は内臓の部分に寄生しているのです。

 

 

宿主が生きているうちは内臓の中だけにいるアニサキスですが、宿主が死んでしまうと内蔵を突き破って身の中に出てくることが知られています。

身に寄生しているアニサキスはとても発見しづらいのが難点といえます。

 

アニサキスは冷凍すると死んでしまうので、スーパーや飲食店なんかでは冷凍保存しても美味しく食べられるような魚の場合は、アニサキスのリスクを無くすために冷凍されたものを使われることがあります。

このような場合はアニサキス症になることはほぼゼロに近いでしょう。

 

逆に、釣ったばかりの新鮮な魚のほうが注意が必要といえます。

特に自分で釣ったきた魚の場合は、アニサキスのリスクが高いかもしれません。

もし捌いて内臓にアニサキスが確認できたら、身にもいる可能性がありますし、逆に内臓にいなくても、身の部分にいる可能性だってあるのです。

 

イカの場合は目視で容易に確認できる場合が多いです。

購入段階でよく見て虫の付いているものを避けるようにしましょう。

 

アニサキス症のリスクをゼロにするなら冷凍or加熱、新鮮な魚介類を刺身で食べるときだけ注意が必要なんですね。

 


スポンサーリンク