クールなカラーが魅力!グレータイガーアイ(イーグルアイ)について


スポンサーリンク



派手すぎないクールなカラーが人気の「グレータイガーアイ」のビーズをご紹介させていただきます。

金運や仕事運のお守りとして人気のタイガーアイですが、この石には多くのカラーバリエーションが存在することはご存知でしょうか?

 

一般的にタイガーアイというと黄色又は金色のものを指すことが多いので、他の色彩のスポットが当たりにくいのが現状かもしれません。

しかし、ブルータイガーアイやレッドタイガーアイなど他のカラーを取り扱うショップも当たり前のように増えてきたことで他カラーの認知度も大幅にアップしてきました。

 

「金運ストーン」ともいわれるタイガーアイは派手なイメージがありますが、全体的に見てみると派手すぎずシックな感じのものまで様々です。

グレータイガーアイは、派手すぎない落ち着いたカラーが特徴のタイガーアイなんです。

 

ここでは、グレータイガーアイについてのお話をしていきます。

まずは本来のタイガーアイの色彩について

インターネットでタイガーアイを検索して探してみると、実に多くのカラーが存在することが分かるはずです。

しかし、タイガーアイは本来「黄色(金色)」、「青色」、「赤色」の3色のみしか自然界に存在しません。

 

黄色はイエロータイガーアイといって、ショップなどでよく見る金色に輝くものです。

赤色はレッドタイガーアイ、青色はブルータイガーアイで有名ですが、鷹の目のように見えることから「ホークスアイ(鷹眼石)」とも呼ばれます。

 

実はタイガーアイ本来の色彩はブルータイガーアイなんです。

このブルータイガーアイが自然酸化すると「黄色(イエロータイガーアイ)」になり、地熱などで熱が加わると「赤色(レッドタイガーアイ)」へと色彩を変えます。

といっても、市場に出回っているレッドタイガーアイは人工的に熱処理したもので、もし100%天然による赤の発色だったら鉱物コレクターに自慢できるほどレア物です。

 

上記で説明した3カラー以外にも多く存在しますが、それらは天然のタイガーアイを元に脱色加工や染色加工によって色彩を変えたものになります。

では、グレータイガーアイについて詳しく説明していきます。

 

グレータイガーアイについて

g_ti_013

グレータイガーアイは、タイガーアイを脱色処理したものが一般的です。

ただこのグレーの色彩は自然界でも存在するカラーともいわれ、グレータイガーアイの中には天然の発色のものもあるのかもしれません。

 

また、グレータイガーアイは鷲(ワシ)の眼に見立て「イーグルアイ」の名前でも多く流通するようになっています。

最近では「クォーツ・キャッツアイ」の名前でも流通するようになってきました。

 

現に、アメリカではクォーツキャッツアイの名前で流通しているようです。

ただ、日本では「グレータイガーアイ」と「イーグルアイ」の二つの名前で呼ぶのが一般的です。

 

ちなみに「キャッツアイ」というのは、この石が持つ性質に由来します。

タイガーアイに光を当てると、猫の眼のような輝き方をします。

 

この現象をシャトヤンシー効果(キャッツアイ効果)といい、タイガーアイは宝石にも負けないほど綺麗なキャッツアイ効果を持つ石で知られています。

 

g_ti_014

グレータイガーアイは品質にバラつきが多く見られます。

例えば、すぐ上の画像のように全体的に明るいグレーのものは高品質として出回っています。

 

さらに上の画像の3個並べたグレータイガーアイの左右のものをご覧ください。

黒い部分がまばらに残っているのが確認できると思います。

 

こういったものは低グレードとして扱われ、価格も安価な傾向にあります。

またこのタイプだと、タイガーアイ最大の魅力であるキャッツアイ効果がほとんど見られません。

 

こういった色彩が好きな方であればむしろそのグレードでいいですが、美しさを求めるならちょっと値が張っても全体的に明るいものを(黒い部分が全くないもの)を選ぶことをお勧めします。


スポンサーリンク