ダイエットにサウナは無意味?それとも効果的?


スポンサーリンク



激しい運動をすると汗をかきますが、汗を身近にかくことができるサウナ。

何回も繰り返し入り大量に汗を流し、体重計を見ると、やや減った?と思うかも知れませんが、実は汗自体を流しても体重が減ったことになりません。

その後に水分を摂取すれば体重は戻ります。では、本当にサウナはダイエットに効果的でしょうか。

サウナの効果・効能

サウナは新陳代謝を促してくれますので肌をきれいに保つことができますが、代謝がよくなれば脂肪を燃焼しやすい体が期待されます。

ですから体重が減るのではなく、ダイエットしやすい効果があるといわれています。

また、デトックス効果もあり同廃物を排除できますし、ゆったり大浴場で休む事もリラックスできますのでストレス解消になります。

サウナ後の水風呂は肌を引き締め、水風呂から上がれば体がジンジンしてポカポカしてきます。
その状態が脂肪を燃焼しているサインです。

しかし、間違った入り方をするとダイエットどころか健康被害もでるので注意が必要です。
喉が渇いた状態でサウナに入る事や、飲酒後のサウナは絶対に危険です。

飲酒後は体内の塩分濃度のバランス崩れ脱水症状になります。
その状態でサウナに入るとさらに脱水症状になり非常に危険です。

サウナに入る前は、しっかり水分補給をしましょう。
おすすめなのはスポーツドリンクを飲用してからのサウナ。

ダイエット中ですので低カロリーの物のものが望ましいですが、基本的にスポーツドリンクであれば特に問題はありません。

 

ダイエットに効くサウナ入浴!?

健康の為に入るサウナとは若干違いがあります。
ダイエット中であれば、体をほぐす事をおすすめします。

体をほぐすことによって、凝りや強張りを取り除き発汗を促してくれます。
サウナに入る前に体をしっかり洗いましょう。

肌に老廃物の付着があると汗が流れにくいです。
サウナ入浴は肌に汗の水玉が隙間なく埋まった時入浴終了です。

5分や10分と決めている人もいますが汗がしっかり流れたらそれ以上意味がありません。

しっかり、ぬるめのシャワーで汗をながし水風呂若しくは水シャワーを浴びましょう。
水風呂は一度にザバーと入るのではなく、足から少しずつ入り心臓に負担をかけないようにしましょう。

そして数秒で上がりサウナに入っている時間程休みます。
体がポカポカしてきます。

そのときに水分補充も同時にするとよいでしょう。
頭が痛くなったら、脱水症状の可能性があるのでそれ以上は危険です。
水分の補給をお忘れなく。

これを、体調に合せ3セット行う事をおすすめします。

 

まとめ

サウナはダイエットに良いです。
つまり効果的であるといえます。

絶対に無意味ということはないので、サウナが好きという方は積極的に取り入れるべきだと思います。
サウナに入ること自体、健康にもいいですし、リラックスできるのでダイエット以外での効果も望めるのではないでしょうか。

サウナは、リラックスさせ発汗を促し、新陳代謝を促してくれます。

きちんと正しい入浴法を守り、けして無理をしないことで十分な効果が得られるでしょう。


スポンサーリンク