ブラックバスが一番釣れる時間帯|朝か夕方のマズメ時か!?それとも日中がベストなのか


スポンサーリンク



ブラックバスを釣りをしているけれど、ふと思ったのが「どの時間帯が一番つれるのだろう」。

同じ疑問を思った方も多いはずです。

 

私たち人は、基本的に朝、昼、夜と3食摂りますが、ブラックバスにも同じことがいえるのでしょうか。

どの魚を対象にするにしても外せない時間帯はありますし、案外どの時間帯でやっても釣れたということも多くあります。

 

ただ、ブラックバスはこの時間帯がお勧め(釣れやすい)というのが確かにあります。

私の経験も含めて、釣れやすい時間帯について説明していきまね!

マズメ時は外せない!ってかマズメって何?

釣り関係の記事や雑誌などを見ていると、必ず目にするのが「マズメ」という言葉。

これは釣り用語でもあって、「朝マズメ(時)」とか「夕まずめ(時)」という風に使われます。

 

朝マズメとは、簡単に言うと朝方のことですね。

明るくなり始めてから、太陽が顔を出すまでの時間帯のことを言います。

 

ゆうマズメとは、夕方時のことです。

暗くなり始めて、太陽が完全に隠れて真っ暗になるまでの時間帯をいいます。

 

そして、このマズメ時が最もブラックバスが釣れやすい時間帯だといわれています。

私の場合は、朝早く現地に入って(つまり朝マズメ時)釣りをしますが、この時間帯の釣果はかなり良いと実際にやって実感しています。

夕方時まではあまり釣りをしないのですが、恐らく同じ釣果が見込まれるかと思います。

 

電車で釣り場に行っていたときは、それこそ始発に乗って何度もブラックバスを釣りに行ったものです。

朝早いにも関わらず、結構人がいたりするんですね。

そのことからも、この時間帯が狙い目だということも分かりますよね。

 

マズメ以外の時間帯は釣りづらいのか?

マズメ時が過ぎて、太陽が高々に昇っている時間帯はどうなのでしょうか。

マズメ時が狙い目と上記で書きましたが、それ以外の時間帯でもブラックバスは普通に釣ることができます。

 

私は、朝マズメ時から15時くらいまでフィールドにいることがほとんどですが、どの時間帯でも関係なく釣れています。

同じポイントで何度も試したことがないので分かりませんが、検証すればマズメ時のほうが釣り易いというくらいで、そこにブラックバスさえいれば基本的にどの時間帯でも釣れると思って良いでしょう。

 

ただし、ブラックバスは水温で活性が上がったり下がったりだとか。。。

ブラックバスが最も好む水温は20℃前後で、低すぎると底のほうでジッとして動かなくなります。

逆に、暑すぎると活性が下がってルアーが視界に入っても完全スルーということが多々あります。

 

このことから、春や秋なんかは日中でも比較的釣り易いかもしれませんね。

真夏は、マズメ時に釣りをしたほうが良い釣果が得られるかもしれませんよ。

 


スポンサーリンク