手に付いた厄介な魚のニオイを一瞬で消す方法|釣りに持っていくべき消臭アイテムとは


スポンサーリンク



魚を釣って独特のニオイがしますよね。

特に釣りをする方は、魚が釣れて針から外すときに素手で触ることは良くあると思います。

 

水で洗っても、汚れ自体は綺麗に流れ落ちますが、

なんでだかニオイが全然取れないって経験をした方も多いのではないでしょうか。

 

特に、電車に乗ったり、人通りの多い場所を利用して釣りに行き来する場合は、

手が魚臭いと何だか周りを気にしちゃいますよね・・・。

 

ここでは、魚のニオイを一瞬で消し去る方法とアイテムを紹介していきます。

魚のニオイの原因とは?

「魚臭い」っていうように、魚には独特のニオイがあります。

このニオイを「アミン臭」と呼び、これが魚臭いやつの正体なんですね。

 

このアミン臭は、手の細かい部分にまで染み込み、馴染みやすい性質があります。

水で流すだけではニオイが取れないのはこの為なんですね。

さらには、通常の石鹸で洗っても取れずらい性質すらあるから厄介なのです。

 

アミン臭を落とす方法

アミン臭は柑橘系成分が配合されたものを利用することで、一瞬にしてニオイを消し去ることが出来ます。

代表的なものでは、ハンドソープでしょう。

釣りを行く際に、小さい容器に入れて携帯しておくといいかもしれません。

 

あと、便利なものといえばウエットティッシュがあります。

柑橘系成分を配合したものもありますし、釣具店では専用のウエットティッシュも出回っています。

ウエットティッシュならすぐに取り出して、さっと拭くだけですむのでハンドソープよりも釣り場なんかでは実用的といっていいでしょう。

 

アミン臭は衣類にも付着しやすい!

魚を釣ってもリリースするという方には、アミン臭は手に付く厄介なニオイというだけかもしれません。

ただ、魚を持って帰る場合にバックに入れたり、車で持ち運んだりしてアミン臭を充満させておくと、ニオイは衣服や車のシートにも付着してしまいます。

 

衣服に付着した場合は「魚臭い」というレッテルが貼られる危険があるので注意したいですね(汗

私も小さいときに釣りから帰ってきたら「魚くさいね!」ってよく言われたものです(笑い

 

衣服のアミン臭を消す場合は洗濯すればいいのですが、それ以外でもっと早く消したいという場合は、柑橘系成分の入った消臭スプレーを利用するといいでしょう。

手に付いた魚のニオイは、なかなか取れないというイメージがありますが、ちゃんと消臭の仕方さえしってアイテムさえ準備しておけば大して気にするものでもなさそうですね。

 


スポンサーリンク