シリマナイト|パワーストーン・天然石の意味辞典

シリマナイト

スポンサーリンク



シリマナイトは、透き通るような透明度のある茶色が主な色彩で、これに似た有名なパワーストーンだとスモーキークォーツなんかとそっくりなカラーをしています。

貴重な石でパワーストーンのビーズとしての流通は少ないですが、表面がカットされた美しいシリマナイトが度々市場に出回ることがあるので、シックなブラウンカラーがお好きな方は”レアストーン”であるシリマナイトをチェックしてみることをオススメします!

このページではシリマナイトについて詳しく説明していきます。

 

シリマナイトについて

シリマナイトは主に茶色の色彩が特徴的なパワーストーンで、これに透明度を併せ持つシックで高級感のある姿がとても美しいです。

100%透明のシリマナイトは非常に珍しいとされ、基本的に何らかの内包物(インクルージョン)を含んでいることが多い鉱物です。

このインクルージョンが見せる模様が美しさの一つともいえ、インクルージョンが含まれていても透き通るような透明感を持っています。
色彩は茶色の他にも、若干緑色帯びた部分が見られたり青色や紫色に近いような独特な色彩を表す「多色性」を持つ鉱物で知られます。

多色性とは、見る方向によって色彩を変える性質を持つ鉱物を指し、他にも多色性を持つパワーストーンは存在しますが、シリマナイトは鉱物の中でも並外れた強さの多色性を持っています。

このシリマナイトとカイヤナイトという鉱物が合わさった”同質異像体”のアンダルサイトというも鉱物があります。
同質異像体とは、形成する成分は同じなのに結晶構造が異なる珍しい鉱物をいいます。
つまり、シリマナイト・カイヤナイト・アンダルサイトは親戚のような関係にあり、特にアンダルサイトは見事な多色性を見せる鉱物で知られます。
その親戚のような関係のシリマナイトが美しい多色性を持っていることもうなずけますね!

この性質から、世界中の珍しい鉱物を集めているコレクターに人気のある鉱物でしたが、最近ではジュエリーとしても人気が高まってきており、パワーストーンとしても小さいくカットされた美しいシリマナイトが流通し、お洒落なアクセサリーとしても注目が集まっています。

特にジュエリーとして出回っているものは、「キャッツアイ効果」といって光が当たるとまるで猫の眼の様な模様に光り輝くことで有名です。
キャッツアイ効果といえば、金運ストーンであまりにも有名なタイガーアイに見られる光学効果でも知られます。

シックな色合いや落ち着いたブラウンカラーがお好きな方は、アンダルサイトやシリマナイトなどの珍しいストーンをオススメします!

シリマナイトの意味・歴史

シリマナイトの石言葉

  • 表現力
  • 明晰力
  • 生長
  • 促進
  • 問題解決

シリマナイトの歴史・伝説

シリマナイトの名前の由来は、アメリカの地質学者であったベンジャミン・シリマン氏の名から付けられた名前です。

別名にファイブロライト(フィブロライト)という名前があり、これは繊維状を見せる塊の原石によく使われる名前と成っています。

ルビーやサファイアなどの高級な鉱物と一緒に産出されることもあります。

シリマナイトは繊維状に結晶を作るため、まるでシルクが石の中に入り込んでいるかのようにも見える姿があまりに特徴的な鉱物です。
石自体が希少価値が高く、珍しいことで知られますが見分けるのが難しい鉱物といわれています。

また、シリマナイトは一度に多くの色彩を楽しませてくれる多色性が強い鉱物で知られますが、シリマナイトの美しさを十分に引出すには熟練の職人技が必要とされています。
それだけにジュエリーとして世に放たれているシリマナイトは見事な美しさを見せる石なのです。

シリマナイトによるヒーリング効果やエネルギー

  • 明晰力を高める
  • 表現力アップ
  • 自己生長のお守り
  • 問題解決力を高める

シリマナイトはこんな方におすすめ!

シリマナイトは、このような多色性を見せるパワーストーン全般にいえることですが、物事を様々な方向から捉えることができ、尚かつその物事の本質的な意味を理解して最善の行動を取ることができるようサポートしてくれるといいます。

特に多色性の強いシリマナイトは、この意味を強く持っているパワーストーンといえるでしょう。
現状で満足しない方や、迷いや立ち止まっている方に、自分が本当に進むべき道を教えてくれるようなパワーストーンでもあります。
シリマナイトは、更なる高みを目指す方に是非身につけていただきたいパワーストーンです。

 

シリマナイトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

基本的にすべての浄化が可能ですが、塩分に若干弱い性質を持つものがあります。
そのため、塩を使った浄化は避けたほうがいいでしょう。

硬度は高いパワーストーンなので、アクセサリーなどは安心して身につけることができるでしょう。

シリマナイトの鉱物データ

英名 sillimanite(シリマナイト)
和名

珪線石(けいせんせき)

主な産出地

アメリカ、タンザニア、ブラジル、オーストラリア
など

主な色彩

茶色

モース硬度 6~7
比重 3.20
光の屈折率 1.65~1.68
組成・構成

Al2、SiO5+炭素の内包物を含む

結晶系 斜方晶系
へき開性 一方向に完全

 

シリマナイトとの効果的な組み合わせ

シリマナイトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

シリマナイト + アンダルサイト + カイヤナイト

シリマナイト + アンダルサイト + カイヤナイト
【明晰力・表現力を最大限に高める】
【最高の人脈・人気を獲得する】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です