デマントイドガーネット|パワーストーン・天然石の意味辞典

デマントイドガーネット

スポンサーリンク



ガーネットといえば世界中で有名な宝石名のため、誰もが聞いた事がある名前ですよね。
実は、ガーネットにはかなり多くの種類が存在し、それぞれに名前が付けられています。
ガーネットという名前はグループ名で、それらを総称した呼び名なんですね。

色彩も多く存在し、天然のものであれば青以外はすべて揃っているというくらいカラーバリエーションが多いです。

そんな多くの種類を持つガーネットですが、その中でも「最高級のガーネット」と称されるガーネットで、「デマントイド」という種類があります。

ここでは、デマントイド・ガーネットについて詳しく説明します。

 

デマントイドガーネットについて

ガーネットといえば、赤い色の宝石をイメージすることが多い石のはずです。
かつては真っ赤なガーネットの発見が話題となり、それが爆発的な人気となったことがきっかけで、ガーネットは赤い石というイメージが現在でも定着しています。

しかし、ガーネットは天然のものであれば青以外の色彩が存在するというほど豊富な色彩を持ち、人工的に青も作り出すことが可能なので、事実上すべてのカラーが存在するといえます。

また、ガーネットには多くの種類があり、細かく分けると14種類にも分けられます。
この14種類をすべてひっくるめた呼び名(総称)が、一言で「ガーネット」と呼ばれるのです。
つまり、有名なガーネットというネーミングは正式名称ではなく、鉱物のグループ名ということなんですね。

このグループの中で、最も希少価値の高いガーネットが「デマントイド」と呼ばれるものです。

デマントイドガーネットの色彩は黄緑色~緑色の発色が特徴です。
発色原因はエメラルドと同じ「クロム」によるもので、含有量が多いと濃く鮮やかな緑色の色彩になります。

このデマントイドガーネットが、ガーネットの中で最高峰の価値が与えらている理由には以下の理由があります。

  • 希少性
  • ダイヤモンド光沢
  • 多色性

デマントイドガーネットの希少性

エメラルドと同じ発色原因であるクロムを含むガーネットの発見はとても衝撃なものだったといいます。
最初に発見されたのは、ロシアにあるウラル山脈だったのですが、とてもガーネットとは思えないほどの存在感があったといいます。

ガーネットは宝石の中では特別高価な石ではなく、むしろ安価なイメージが強い鉱物ですらあります。
しかし、このデマントイドだけは別格です。

クロムを含む美しい黄緑色や緑のデマントイドガーネットは産出量が極めて少なく、希少価値が高いため、他の高価な宝石と同様な価格で取引されます。
また、美しいデマントイドが市場に出回るのは稀といわれます。

ダイヤモンド光沢を持つ数少ない石

デマントイドガーネット最大の特徴であり魅力の一つである「ダイヤモンド光沢」。
ダイヤモンド光沢とは、その名の通りダイヤモンド同様の輝きを持つ鉱物を言います。

鉱物の種類は数え切れないほど存在しますが、このダイヤモンド光沢を持つ鉱物はほんの数種類しか存在しません。
これだけでも鉱物としての希少価値が高いといえますね。

見るものを楽しませる多色性のような輝き

デマントイドガーネット最大の特徴でダイヤモンド光沢がありますが、もう一つ魅力的な点があります。
それが多色性のように見える輝きを持つ鉱物であるということ。

多色性とは、見る角度によって他の色彩が見られる現象で、見るものを大いに楽しませてくれます。

デマントイドガーネットでは、ダイヤモンドがキラキラと光り輝いているときに見られる虹色の輝きが見られ、これを「ファイアー」と呼びます。
このファイアーが七色の光を見せてくれるため、多色性と同じ様な色彩を楽しむことができるのです。
ちなみに、「ファイアー」が強くハッキリと見られるほど希少で、高価になります。

 

デマントイドガーネットの意味・歴史

デマントイドガーネットの石言葉

  • 実りの象徴
  • 友愛
  • 勝利 

デマントイドガーネットの歴史・伝説

デマントイドガーネットの名前の由来は、この石がダイヤモンド光沢という極めて珍しい輝きを持つことから命名されたのが始まりです。
正式にこの名前で呼ばれるようになったのは1878年の時です。
現在でも最高級のデマントイドガーネットは、ウラル山脈より産出されています。

最初に発見されたのは、ロシアのウラル山脈にて産出されたました。
クロムを含むことで緑色となり、ダイヤモンドのような輝きを放つことから、14種類という多くの種類を持つガーネットの中で、頂点に立つ存在として扱われます。

かなり希少ではありますが、中には馬の毛並みのように見える内包物(インクルージョン)を持つものが存在し、それを馬の尻尾にたとえ「ホーステイル」と呼ばれます。

また、ホーステイルを持つことで「キャッツアイ効果」が見られるのも特徴です。
キャッツアイとは、光を当てると”猫の目”のように光り輝く現象で、この性質を持つ人気のパワーストーンではタイガーアイなんかが有名です。

とにかく希少で、大きいものは驚くほど高価な値が付きますが、ガーネットが好きな方は絶対に欲しい一品ですね。

 

デマントイドガーネットのヒーリング効果やエネルギー

  • 目標達成、夢を実現させる
  • 恋を実らせる
  • 勝利のお守り 

デマントイドガーネットはこんな方におすすめ!

ガーネットは、恋を実らせたり、目標達成、夢を実現させるパワーがあるといわれることから「実りの象徴」と呼ばれるパワーストーンです。

数多くあるガーネットの中で最も光り輝くデマントイドガーネットは、特にパワーが強いといえます。
何か目的があって頑張っていること、目標を達成したい、夢を叶えたいというかたが身に付けると、非常にいい影響を与えてくれるでしょう。

 

デマントイドガーネットの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

すべての浄化に適しているパワーストーンです。

高度が高いパワーストーンなので、アクセサリーは安心して身につけることができます。

 

デマントイドガーネットの鉱物データ

英名 demantoid(デマントイド)
和名

灰鉄礬柘榴石(はいてつばんざくろいし)

主な産出地

ロシアなど

主な色彩

黄緑色、緑色

モース硬度 6.5~7.5
比重 3.45~4.01
光の屈折率 1.76~1.82
組成・構成 Ca3Fe2(SiO4)3
結晶系 等軸晶系
へき開性 なし

スポンサーリンク