ピンクオパール|パワーストーン・天然石の意味辞典

ピンクオパール|kirakira工房

スポンサーリンク



優しいピンク色が特徴のピンクオパールは10月の誕生石としても有名なパワーストーンです。

オパールという鉱物は、古くから親しみの深い石のひとつで現在でも多くの方に愛されています。

実際に「オパール」という名前だけなら聞いたことがあるという方も多いはずです。

 

ピンクオパールの色彩から恋愛運のお守りとして人気があり、インカローズ(ロードクロサイト)やローズクォーツなど同色のパワーストーンと組合わせて恋愛アクセサリーなんかを作成するのもお洒落でいいですね!

このページでは、ピンクオパールについて詳しく説明していきます。

 

ピンクオパールについて

オパールは石の表面が虹色に輝くジュエリータイプと、虹色の輝きを持たないものの2種類に分類されます。

ジュエリータイプの輝きは息を飲むほど美しく、この色彩に魅了されるかたも多いはずです。

この虹色に輝く光効果のことを遊色効果(プレイオブカラー)と呼び、このタイプをプレシャスオパールと呼びます。

 

それとは逆に、輝きを持たないものをコモンオパールといい、ピンクオパールはコモンオパールに属する鉱物です。

ピンクオパールはコモンオパールの代表といってもいい存在となっており、淡いピンクカラーが甘い恋や優しい愛などを連想させることから、キューピットストーンという名前で呼ばれることもあります。

 

現在出回っているピンクオパールは非常に品質にバラつきが見られます。

残念ながらピンクオパールの産出量は年々減少する一方で、それに伴い価格も高価である場合がほとんどです。

 

虹色に輝く宝石質のオパールはもともと貴重な鉱物で、ジュエリーとして高価で取引されていて、この宝石質のものに比べればまだピンクオパールの方が安価です。

パワーストーンのビーズなどでは、大きいものでピンクの発色が美しいものはジュエリークラスに近いくらいで取引される場合もあるようになってきています。

それほど貴重で人気の高いパワーストーンであることが伺えます。

 

pinkopal_gazou

オパールには「プレシャスオパール」と「コモンオパール」の2グループがあると上記で説明させていただきましたね。

ピンクオパールはコモンオパールに属する鉱物で、コモンオパールとは光り輝く遊色効果が無いと同時に透明度も無いのが特徴です。

 

そういう風に聞くと、価値のない石だと思うかもしれませんが、オパールという鉱物自体が希少価値の高いものなので、コモンオパールといえど高価で取引されることが多いです。

そのコモンオパールを代表するのが「ピンクオパール」です。

 

他にもカラーバリエーションがありますが、オパールを取り扱うパワーストーンショップのほとんどがこのピンクオパールを取り扱っているはずです。

ピンク色がどれほど人気のある色彩かが伺えますね。

 

ピンクオパールは、上記の画像のように乳白が薄っすら混ざり合ったもが特に人気があります。

濃いピンクの発色が出ていて、そこに薄っすらと白色混ざり合ったものは非常に美しいです。

 

pinkopal_gazou2

また、一面がピンクのものもあります。

発色の強弱にもよりますが、鉱物的にはこちらが高品質となります。

 

ただ、ピンク色のみのものは非常に希少価値が高いので、なかなかいいものに出会う機会が無いかもしれません。

ただですら希少価値が高い鉱物ですが、良質のピンクオパールの産出量は減る一方という報告がありますので、お気に入りのピンクオパールに出会ったら是非、手に入れておきたいですね。

 

ピンクオパールの意味・歴史

ピンクオパールの石言葉

  • 安産
  • 純愛
  • 芸術
  • 優しさ

ピンクオパールの歴史・伝説

ピンクオパールの「オパール」という名前の由来は、サンスクリット語でジュエリーを指す「upala」やギリシア語で眼を指す「opthalmus」からきたともいわれています。

オパールは古代の人々から神の化身だと崇められていた石で、幸せを呼び込む幸運の石ともされていたそうです。

 

オパールの魅力である虹色の輝きには神などの神聖なものが宿っていると、古代の人々は考えたのでしょう。

ピンクの色彩をした結晶が産出されるのはペルーとメキシコの鉱山でしか確認されていないため、ピンクオパールは非常に希少価値の高いパワーストーンとして扱われています。

 

現在ではトルマリン、タイガーアイに並んで10月の誕生石として有名なパワーストーンとなっています。

 

ピンクオパールによるヒーリング効果やエネルギー

  • 内面から輝かせ女性の魅力をアップ
  • 異性から好かれる人間になる
  • 恋愛運のお守りが欲しい
  • 眠っている才能を呼び起こす

ピンクオパールこんな方におすすめ!

かつての人々がオパールの神秘的な七色の光を神の化身とイメージしたように、ピンクオパールの優しいピンク色には女性の美しさをイメージさせられそうになります。

ピンクオパールは、女性を内面から輝かせることで新しい世界観をもつようになり恋愛面での行動アプローチやファッション性などに変化を与え、異性に好かれる人間になれるようサポートしてくれるといいます。

 

そのことからピンクオパールは女性を象徴するパワーストーンともいえるので、特に女性の方がアクセサリーとして身につけることをオススメします。

また、ピンクオパールはインスピレーションを高めるパワーを与えてくれるといいます。

 

芸術性や創造力を高め、奥底で眠っていた才能を呼び起こし自分でも知らなかった新しい一面を知ることができるかもしれません。

 

ピンクオパールの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

オパールは本体の内部に微量の水分を含んでいます。

太陽光や塩にさらしてしまうと品質の低下につながりますので、日光浴と塩での浄化には適していません。

衝撃にも弱いパワーストーンなので、取り扱いには注意が必要です。

 

ピンクオパールの鉱物データ

英名 pink opal(ピンクオパール)
和名 蛋白石(たんぱくせき)
主な産出地 ペルー、メキシコ
主な色彩

ピンク色

モース硬度 5.5~6.5
比重 1.90~2.20
光の屈折率 1.40~1.46
組成・構成 SiO2、nH2O
結晶系 三方晶系
六方晶系
へき開性 なし

 

 

ピンクオパールとの効果的な組み合わせ

ピンクオパールを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

10月の誕生石 ピンクオパール + バラの花を想わすような美しいインカローズ(ロードクロサイト) + ローズクォーツ

ピンクオパール + インカローズ + ローズクォーツ
【女性の魅力を最大限に引出す】

10月の誕生石 ピンクオパール + ラリマー|kirakira工房

ピンクオパール + ラリマー
【二人の絆を深める】

 

 

「ピンクオパール」取り扱い商品一覧

当方が運営している「kirakira工房」では、お洒落でファッション性のあるデザインのパワーストーンアクセサリーを取り扱っております。

よろしければ、下記の画像をクリックしてご覧になって見てください。

pinkopal_c_top

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です