「最強節約食材」安くて美味しくて満腹になれる”味の素のギョーザ”


スポンサーリンク



食費を節約しようと、食材のランクを落としインスタント麺やジャンクフードばかりの生活をしてしまうと、節約はできるが毎日コレだと飽きてしまうし、健康面での悪影響も考えなくてはいけませんよね。

そこで、お勧めしたいのが冷凍食品の餃子(ぎょうざ)です。

その中でも特にお勧めなのが、味の素が出している「ギョーザ」。
サムネイルの写真のやつです。

ほとんどのスーパーで売っているはずです。

この「ギョーザ」の売りは、袋右上に書いてある「パリッパリの羽根が油なし水なしでできる!」だそう。

価格は1袋200円くらいです。

私自身、餃子は大好きなので実際に買って作ってみました。

餃子を作ってみる!

img_gyo001

スーパーに行くと、今はこの味の素の餃子と、大阪王将の餃子が置いてあるのを見ることが多いです。
ちなみに、どちらも「油なし・水なし」で作れるようになっています。

img_gyo003

袋を開けるとこんな感じ。

なんともない普通の餃子って感じですね…

数は12個。

ちなみに、この味の素の餃子には専用のタレが入っていません。

大阪の王将の餃子は専用のタレが入っています。

味の素の餃子を買うときは醤油やラー油などを切らしていないか確認する必要がありますね。
無ければ、別途買う必要があります。

img_gyo002

実際に焼きます!

まずはフライパンを熱します。

油は不要と説明に書いてありますが、不安な方は少量の油をひくことをお勧めします。

img_gyo004

フライパンを熱して煙が出てきたら餃子を投入。

水を一切入れなくていいので、フライパンの上に並べたら後はフタを置いて待つだけ!
超ラクちん♪

ちなみに餃子を持つときはトングがあればものすごく便利ですよ。

tongs-30580_640

↑こんな感じのカチカチ挟むやつです。

よくバーベキューとかで使うオールステンレスタイプのものであれば100均でも十分実用性があるので、一本持っておくと様々な料理に使えて便利です。

img_gyo005

フライパンのフタが行方不明につき、アルミホイルで代用。

ガラス蓋など専用のものが無い場合は、画像のようにアルミホイルを蓋の代用品として使用すれば全然大丈夫です。

餃子を乗せた後は中火にして待つこと約5分・・・

img_gyo006

初めてにしては結構うまくいったんじゃない!?

焦げ目もいい感じについていて美味しそう!

img_gyo007

フライパンから取り出すときに取れちゃったけど、羽根もいい感じに作れます。

実際に食べてみましたが、実家でよく母親が作ってくれた餃子より美味いかも・・・。

ジューシーで、とても食べ応えがあります!
本当にお勧めの餃子です。

 

最後に

通常の餃子と違って水いらずなので、初心者の方でも簡単に作れるのではないでしょうか。

一袋200円と安く、しかもめっちゃ美味しい!

ご飯を炊いて一緒に食べれば、満腹感もMAXですね。

節約食材を探している方にはピッタリの商品といえます。

また、お酒のつまみなんかにも合いそうなので、お酒を飲みながら食べるのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク