パワーストーンブレスレットを付ける手は《右》《左》どちらが効果的?

パワーストーンブレスレットを身に付ける手は「右手」?「左手」?どっちが効果的?

スポンサーリンク



私たち人間がいる遥か昔から地球上に存在している鉱物のパワーストーンには様々な意味や効果があるといわれ、古くは紀元前の時代の人々たちからすでにお守りや建築物の材料などとして大切にされてきました。

パワーストーンは、現在でも絶大な人気を誇っており多くのアクセサリーにこのパワーストーンが使われたりしています。
外にでて街を歩くと、パワーストーンのブレスレットやネックレスなどをアクセサリーとして身につけている方が非常に多く見られます。
それくらい多くの人から愛されているんですね。

パワーストーンを使用したアクセサリーは、ブレスレットはもちろんネックレスやペンダントに指輪など本当に様々ですが、初めてブレスレット購入された方から非常に多くのお問い合わせをいただくことがあります。

それは、題名にもありますが『ブレスレットはどちらの手につけるとよいか』です。
このページでは一般的に言われていることと、私的意見を説明していきます。

 

パワーストーンの効果を取り込む

気の流れという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、人間の体には気の流れがあり「通常、利き腕とは”逆”の腕から気が入ってきて、利き腕から気を逃がす」といわれています。
このページを呼んでいるということは、あたなもパワーストーンブレスレットを購入した、もしくは購入を考えていてそのパワーストーンの持つ効果を発揮するのにはどちらの手首に身につければいいのかという疑問があるのではないでしょうか。
もし、パワーストーンブレスレットが手元にありその石のパワーを取り込みいい運気を願うなら「利き手とは逆の腕」に付けてみてください。

 

目標達成や夢を実現する為には「利き手」

利き手は気を逃がすことができると前述しましたが、普段よく使う手にはマイナスのエネルギーも多くたまってしまうため、その人自身に悪い影響を与えないよう気を外に出しているともいえます。
しかし、パワーストーンブレスレットを身につけてよい運気を取り入れてもそれを外に逃がしてしまっては非常にもったいないと思いませんか?
通常、取り込んだ運気などはすぐに外に逃げることはないのであまり心配しなくてもいいのですが、そのパワーストーンの持つ効果を最大限に発揮したいという方は「利き手」にパワーストーンブレスレットを付けてみてください。
ただし、利き手に付ける場合「目標がかなり明確である場合」がよいとされています。
目標や夢があり、そのために頑張ってやっているときのみ利き手に付けて、それ以外のときは利き手とは逆の腕に身につけるのがいいかもしれませんね。

 

  • まとめ
    ・利き手とは逆の手からパワーが入ってくるので通常は「利き手とは逆の手首」につけるのが望ましい
    ・「利き手」に身につけることでパワーが逃げず、そのパワーストーンの効果を最大限に発揮する。
    ・利き手に付ける場合は短時間がよい

 

利き手とは逆がいい理由

気の流れは人間の”脳”に深い関係があるといいます。
人間は、利き手が右の人は左脳、左利きの人は右脳に繋がるといった構造になっているのは周知の通りです。
気の流れにのってパワーストーンから取り入れるパワーやエネルギーというのは利き手とは逆の脳に与える影響がかなり強いといいます。
なので利き手とは逆の手に身につけることで脳に直接パワーを与えるということになります。

 

一番いいのは”気分”で身につける!

また上記以外に「その日の気分」で付ける手を変えるのもいいと思います。
筆者である私もパワーストーンブレスレットはほぼ毎日身につけていますが、身につける手はまさにその日の気分です(笑)
数多くあるパワーストーンを選ぶ際に「直感で選ぶ」というのがありますが、これは身につける手を決める際も同じだと思っています。
初めてパワーストーンブレスレットを身に付ける方は上記を参考にしていただき、徐々に慣れてきたら『今日は右の手首に付けよう』など気楽にアクセサリー感覚で楽しむのがいいでしょう!


スポンサーリンク