成功する人とそうでない人の決定的な違い「モチベーション」の持ち方


スポンサーリンク



先日、知り合いの経営者の方とお話をする機会がありました。
知り合って何年も経っていることもあり、自分の内を気楽に話し合えるような関係で、会えばいつも仕事の話で盛り上がります。

この日も、例外なく仕事の話が中心で盛り上がりました。

その話の中で最も衝撃を受けたのがモチベーションに対する考え方です。

皆さんはモチベーションを持つためにどうされているでしょうか。
モチベーションを持つには目標や夢を持つことが一番いいといわれ、私もこれを信じて止まない人間の一人です。

また、モチベーションを常に保つために努力されている方もいるでしょう。

しかし、知り合いの経営者の方のモチベーションに対する考え方は、今までに聞いたことが無かった内容だったのでとても参考になりました。

その内容について書いていこうと思います。

 

モチベーションは保つのではなく行動の中から「作り出す」

その経営者が言うには、成功する人は物事が良い方向へ行くのを待たない人間だといいます。
つまり、自分から何でも行動を起こす人だということですね。

成功者とそうでない人に違いに「行動力」や「考え方」が違うといわれるのは耳にタコができるくらい聞いてきたので、ごく普通の内容に思いました。

ただ、興味深いのがその行動の中からモチベーションを作り出すという話です。

例えば、私は今こうしてブログの文字を書いています。
それが最高に良いものなのか、又はそうでないかというのは問題ではないということです。

重要なのは、この記事を書くことで見出せる物事が、将来的に自分の為になったり、より良いものを生み出す可能性を秘めているということだと私は受け止めました。

つまり、自ら進んで行動すれば、それに伴いモチベーションも付いてくるということです。
これには私自身、思い当たることがあります。

私は現在、主にネットショップを運営していますが、ホームページをリニューアル(全体的なデザインを変えること)や新しい商品開発をするときに実際にアクションを起こすと、色々なアイディアが頭に浮かんできてとても楽しい気分になります。

こんな商品を作りたい、こんなショップデザインにしたいと思い、それを形にしていく過程はすごくやりがいがあるというものです。
この楽しい気持ちやりがいこそが一つのモチベーションになっていることが間違いないですよね。

皆さんも新しいことにチャレンジして行動を起こしたときって、何か新鮮な気持ちを味わったことがあるはずです。

成功する人って、そういう気持ちを追うことが成功への近道だと知っている人なのかも知れませんね。

では、逆に「成功しない人」が陥る落とし穴についても私なりに書いていこうと思います。

これは過去の私に当てはまる部分もあるのですが、成功しない、又はできない人は「変化を恐れる人」ではないでしょうか。

何かしなければいけないことは分かっている。
現状で決して満足しているわけでもない。
将来思い描いている夢がある。
そもそも夢の為に何をしなくてはいけないのか分からない。

でも、行動することで良くない方向へ行ってしまったときのことを考えると、やはり現状維持のほうが楽だ。

これは一昔前の私の思考回路です。
やはりこれは、成功できない人に共通する考え方だそう。

これは安定を求めるのとは似て非なるもので、完全に守りの体制に入っている考え方です。

私が思う安定というのは、しいて言えば公務員のみで、それ以外に安定というのは無いと思っています。

ただ、正社員であればそれが安定だというのであれば、それはそれでいいとも思っております。

しかし、もし思い描く夢を追い、成功したいと願うのであれば一歩踏み出す勇気が必要になります。
例外なく壁にぶち当たり、失敗も多くします。

それでも変化を恐れず、むしろ今の状況を楽しみながら新しいことにチャレンジし続ける人こそ夢をかなえることができるのです。

何も成功者だって完璧な人はいませんからね。
成功の数だけ失敗もしているってことです。

 

最後に

私は自分でネットショップを運営している、いわば個人事業主のため、このような仕事に関する話をするのはとても好きです。

ただ、普通に飲みに行くときにはこのような話は絶対にしません。

なぜなら、こういう経営の話って理屈っぽかったり、固い話に感じ取られることがほとんどです。
普通の飲み会でこんな話なんてしたら完全に面倒な人、変人扱いですからね。

ですが、経営の話は自分の自己啓発にも役立ちますから、同じ志を持つものと話す機会があれば大いに話し合うのもいいですよ。


スポンサーリンク