小額のお金の貸し借りこそ要注意!


スポンサーリンク



生きるために必要不可欠な「お金」は、物を買うことにおいて絶対に無くてはならないものですよね。
よく「お金が全てではない」というけれど、最低限のお金が無くては人間は生きていけないのは誰もが思っていることです。

もし、そのお金がなく困ったとき皆さんはどうしますか?
給料日まで厳しいという方は最悪の場合、親や友達、又は会社仲間に借りるかという選択を迫られることもあるでしょう。

お金は生きるために必要で、人はお金を稼ぐために働いています。
ですから、お金の貸し借りはお互いの関係を悪化させてしまう恐れも十分にあるから気をつけなくてはいけませんよね。

多額の貸し借りは言うまでも無く注意が必要ですが、小額の貸し借りこそ気をつけなければいけない理由があります。

そこで今回は、小額のお金の貸し借りこそ注意しなくてはいけない理由について書いていきます。

小額のお金の貸し借りは「借りる側」が要注意!

お金を借りる場合は、しっかりとした理由に「返せるという充て」も伝えなくては信用すらしてもらえません。

よくあるのが、「給料が出たら返す」という理由が多いはずです。

借りる金額は、できるだけ最小限にしたほうが返すときに自分の負担も少ないですし、なにより相手に与えてしまうマイナスイメージも少ないはずです。

ただ、小額のお金を借りる場合は絶対に注意しなくてはなりません。

5万や10万とか多額のお金を借りる場合は絶対に忘れることはありませんが、数千円程度の小額のお金の貸し借りの場合、ついつい忘れがちになるという方は実に多いです。

たとえ借りる側が忘れてしまっていても、貸した側は絶対に忘れません

そしていつまでも返さずにいると確実に信用がなくなり、相手にされなくなるという事態になり兼ねません。
まあ、借りた額がいくらであれ忘れるということ自体に問題ありですが、人との関係を崩さないためにも返すと言った日にちに確実に返すようにしましょう。

 

借りたお金は「自分から」返す

これもかなり重要ですが、借りたお金は必ず自分から「ありがとう」の感謝の言葉と同時に返さなくてはいけません。

お金を貸す人の中には、”あたなを見定める為”として貸し借りを行う人がいます。

ちゃんと「返すといった日に自分から返してくれるか」「ありがとうの感謝の言葉はあるか」などでその人の人間性見ようとするのです。

こういう人は、貸したお金を捨てた気持ち(最悪、帰ってこなくてもいい)で貸す人が多いです。
つまり、自分から「お金を返して」とは言ってこないのです。

そして、もし自分から申し出てこなかった場合、貸した側の信用はすべてにおいてゼロとしか見なくなります。
仕事上であっても「ただの同僚」かそれ以下とみなされ、以後、一切の頼みを聞いてくれることは無いでしょう。
自業自得ってやつですね。

お金とは生きるために必要なものですから、かなりシビアになって対応しなくてはいけないのは言うまでもありませんよね。


スポンサーリンク