ダイオプサイト(ダイオプサイド)|パワーストーン・天然石の意味辞典

クロムダイオプサイト|kirakira工房

スポンサーリンク



とても濃い緑色が特徴のパワーストーンのダイオプサイト。

ダイオプサイトも多くの色彩を持つ鉱物として知られますが、画像の様に緑色をしたものをクロムダイオプサイトと呼びます。

 

この美しさの割りに、まだ認知度の低いパワーストーンではありますが、透明感があり濃い緑色のものはエメラルドにも負けない魅力があるため、今後注目されるパワーストーンといってもよいでしょう。

このページでは、ダイオプサイトについて詳しく説明していきます。

ダイオプサイトについて

ダイオプサイトには緑以外にも白っぽいものや、褐色、黒色のものまで存在します。

あの有名なエメラルドと同じ発色原因であるクロムを含むと緑色のダイオプサイトとなり、これを「クロムダイオプサイト」と、この緑色のものだけ他の色彩のものと分けて呼ばれます。

 

それゆえに、クロムによる発色のダイオプサイトは貴重で価値の高い石となってます。

現在ダイオプサイトは、ジュエリーとしてもパワーストーンでもあまり認知度の高くない石で、まさに隠れた晩品といったことろでしょうか。

 

パワーストーンとして市場に出回っている比較的高品質なクロムダイオプサイトは、見た目がペリドットにそっくりで、石の中にクラック(ひび)を含んだものが多く見られます。

ペリドットは黄緑色が美しいのに対し、クロムダイオプサイトは濃厚な緑色が美しいパワーストーンです。

 

また、透明感が無く全体的に白っぽいものから透明感がありクラックの少ないもの、光が当たると猫の目の様に輝くキャッツアイ効果、十字の光が浮かび上がるスターを持つダイオプサイト(ブラックスターという名前で流通)ものも存在します。

 

diopside_gazou

この非常に濃い緑色の発色が美しいとしかいいようがありません。

ちょっと似たようなパワーストーンで、ペリドットと比較されることがありますが、ペリドットは「オリーブ色や黄緑色」の発色のパワーストーンで、緑色の濃さで言えばペリドットの比ではありません。

 

この緑色はエメラルドに匹敵するほどの美しさがあるといってもいいです。

それもそのはず、エメラルドと同じ「クロム」という物質による発色ですから、似たような色彩になるんですね。

 

ただ、パワーストーンとして出回るエメラルドは濃い緑色のものが非常に少なく、大抵は黒色っぽい部分が目立つものが多いですし、高品質のものでも完全なる緑色はほとんど見られません。

その点、ダイオプサイとであれば上記の画像のように美しい濃い緑が楽しめます。

 

ダイオプサイとは他にもカラーバリエーションがありますが、一番価値ある色彩のものこそが、この濃い緑色のものです。

緑色のダイオプサイトにだけ「クロム・ダイオプサイト」という名前が特別に付けられているので、濃い緑色のパワーストーンが欲しいという方は是非、クロムダイオプサイトをチェックしてみてください。

 

ダイオプサイト意味・歴史

ダイオプサイトの石言葉

  • 叡智
  • 知性
  • 直感力
  • 癒し
  • コミュニケーション

ダイオプサイトの歴史・伝説

ダイオプサイトの名前の由来は、ギリシア語で透き通るや透明を意味する「diopsis」から付けられた名前といわれます。

また、ダブルを意味する「di」と見た目を意味する「optis」を合わせたものともいわれます。

 

マニアやコレクターの間では人気の高いパワーストーンですが、一般的に認知度は高くないです。

この美しい姿から、これから人気が高まっていくパワーストーンのひとつに違いありません。

 

ダイオプサイトによるヒーリング効果やエネルギー

  • 知性を高める
  • 深い癒しでリラックスの効果
  • 人間関係を良くする

ダイオプサイトこんな方におすすめ!

クロムダイオプサイトはエメラルドと同じ叡智を象徴するパワーストーンです。

職業問わず様々なシーンで優れた能力を最大限に発揮できるようサポートしてくれるでしょう。

 

特に深い緑色の発色のものは、マイナスイオンたっぷりの森林にいるかのような深い癒しの効果をもたらすといわれます。

疲れを感じることが多い方でリラックスや癒しの効果が欲しいという方はクロムダイオプサイトを身につけてみるといいでしょう。

 

見ているだけでも本当に癒される気分が味わえ、この石の美しさも楽しむことができます。

 

ダイオプサイトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

すべての浄化に適しています。

高度は高くもなく低くもないといったところです、ジュエリーやパワーストーンアクセサリーの場合は衝撃には注意が必要です。

 

ダイオプサイトの鉱物データ

英名 diopside(ダイオプサイト)
和名 透輝石(とうきせき)
主な産出地 ロシアなど
主な色彩 緑色
モース硬度 5.5~6
比重 3.22~3.43
光の屈折率 1.67~1.71
組成・構成 CaMaSi2O6
結晶系 単斜晶系
へき開性 なし

 

 

ダイオプサイトとの効果的な組み合わせ

ダイオプサイトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

クロムダイオプサイト + ラリマー|kirakira工房

ダイオプサイト + ラリマー
【究極の癒しの効果】
【叡智を養う】

 

 

「ダイオプサイト」取り扱い商品一覧

当方が運営している「kirakira工房」では、お洒落でファッション性のあるデザインのパワーストーンアクセサリーを取り扱っております。

よろしければ、下記の画像をクリックしてご覧になって見てください。

diopside_c_top

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です