黄色から黄金色へ輝く商売繁盛のパワーストーン「シトリン」のさざれ石


スポンサーリンク



黄色のパワーストーンの代表的存在のシトリンはブルートパーズと並んで11月の誕生石に数えられています。

透明度の高い黄色は、光が当たると非常に明るく輝くことから「黄金色」とも表現されるんですね。

 

そんな黄金色ともいうべき美しいナイスボディを持つシトリンは、丸い形状のビーズはもちろん、様々な形状に加工されたものが出回っています。

中でもお勧めなのが「さざれ石」です。

 

ここでは、シトリンのさざれ石の魅力について書いていきますね!

さざれ石とは?

さざれ石とは、画像のように細かくて小さいチップ状のものを言うんです。

よくパワーストーンの浄化に用いられる形状で、水晶のさざれ石なんかは特に有名です。

 

黄金色に輝くシトリンのさざれ石!

sazare18_1

私、個人的にはこのシトリンのさざれ石が特にお気に入りなんです。

シトリンといえば「黄色」のパワーストーンですが、画像のさざれ石は白っぽい部分も多く入っていて天然感たっぷりに見えませんか!?

 

色っぽい部分が多いものは基本的に低グレード扱いで価格も安価ですが、パワーストーンにおいてこの白っぽい部分は必ずしもマイナスになる訳ではないのが面白いです。

シトリンの場合は、一切ヒビが無く、全体的に綺麗な黄色のものよりも、多少のヒビが入っていたりするようなものの方が人気が高い傾向にあります。

パワーストーンって奥が深いですよね~。

 

ただその天然感たっぷりのシトリンも全く加工されていないかといえば、そうでもないんです。

実は、全く色彩の違う紫のアメジストを熱処理すると黄色く変色してシトリンにすることができるんです。

※シトリンもアメジストも、クォーツに属する鉱物で組成は同じ(色彩が異なるだけ)

 

自然界に存在する美しい黄色のシトリンはかなりレアもので、あまり市場に出回らない代物です。

市場に出回るシトリンはアメジストを熱処理したものと思っていいでしょう。

 

まあ、自然界のものはアメジストが地熱などで変色したものですから、これを人工的に行っているだけなので同じようなものとも言えるんですよね。

事実、両者はほぼ同価値で扱われています。

 

sazare07_1

シトリンは石言葉に「商売繁盛」というものがあることから、事業者やリーダー的存在の方に人気の高いパワーストーンです。

商売繁盛、つまり金運や財運にも良いとされることから、タイガーアイと似たような石言葉を持つパワーストーンなんです。

 

シトリンのさざれ石を玄関や部屋の入り口なんかに置いておくと、金運や財運を呼び込むお守りとして利用できます。

お洒落な受け皿に入れておいておけば、インテリアとしても利用できますね!

 

部屋を明るく彩るアクセントとしても活躍してくれます!

 

sazare08_1

こちらは黒蝶貝の貝殻を受け皿代わりに利用したものです。

天然石に天然貝と、共に天然物の組合わせはしっくりくるものがありますね。

他にも透明なボトル瓶だったり、洒落たコップにいれても綺麗なインテリアとして使えます。

 

光に当てると黄金色に輝くので、光の強い太陽光に当てると見事な輝きを見せてくれます。

しかし、紫外線に弱い性質があって、長いあいだ太陽光に当てたままにしてしまうと退色の原因になってしまいます。

太陽光にかざして綺麗な輝きを見る分はいいですが、当てたまま放置することがないよう注意が必要です。

 

黄色が好きな方、金運や財運、商売繁盛のお守りが欲しい方は是非、シトリンのさざれ石をお好みの受け皿と合わせて好きな場所に置いてみてください!


スポンサーリンク