‎iPhone(アイフォン)充電器は100円均一でも買える!使用機種と注意点を要チェック!


スポンサーリンク



私はドジで、すぐiphone(アイフォン)の充電器を無くしてしまいます。

仕事場のPCに付けたまま放置して帰宅、ネカフェのPCに接続したまま帰宅、知人の家のPCにブッさしたまま帰宅・・・。

 

無くすというより、ただ忘れているだけですが、

ネカフェのような場所に忘れた場合はすぐに連絡を入れて取りにいきますが、仕事場や知人宅だと無くなるという心配がないので後日回収する場合がほとんどです。

 

ただ、家に一個も充電器がない場合はアイフォンを充電することができません。

先日も、また仕事場に忘れて帰ってきてしまい、充電も20%切るくらいしかなかったので何とか充電できないかと考え、100均ならちょっとしたものが売っているのではないかと思って出向いてみました。

iphone(アイフォン)は100均でも購入できる!

実際に100均に行ってみると、案外たくさん置いてあるのにビックリします。

色々と置いてあるので、自分の持っている機種に対応しているかは必ず確認しなくてはいけません。

 

100均一充電器の注意点

使用してみての注意点をいくつか挙げてみようと思います。

  • 充電専用で通信ができないものがほとんど
  • パソコンから充電できないものがある
  • 差込み部分に表裏あり
  • とにかく脆い(モロイ)

 

100円の充電器ではパソコンに繋いで同期することができない場合がほとんどのようです。

また、パソコンからの充電ができないものも多くあるようですが、私が購入した上記画像のモノはパソコン接続で問題なく充電ができました。

 

表裏のある充電器の表面の画像です。

この面を上にして差込みます。

 

こちらが裏面。

こちらを上にしたまま差込んでもセットできません。

 

このアイフォンに差込む部分が、薄っぺらいプラスチックで出来ているため、

無理に差込むとすぐに壊れそうなで注意が必要です。

 

長期で利用することを考えれば純正を!

iphone(アイフォン)の充電器は純正のものですら「壊れやすい」というイメージが多いものです。

それが、100円のものとなると長期で使い続けるのは不安要素がありすぎてオススメできません。

 

どこかに忘れてきて、本当に「一瞬だけ利用したい!」という場合には、100円充電器はコストパフォーマンス最高でお勧めができるものですが、それ以外だとやはり純正にしたいところです。

純正じゃなくても「MFi認証」(Appleの承認プログラムに登録されている商品)の充電器だと、純正と変わらず安心して長期的に利用できるのでオススメです。

 


スポンサーリンク