ギベオン|パワーストーン・天然石の意味辞典

ギベオン

スポンサーリンク



ギベオンは、知る人ぞ知る太古より宇宙から飛来した隕石(メテオライト)です。
重量感があり地球上では再現不可能な独特な模様を持つギベオンは、パワーストーンの中でも圧倒的な存在感を誇っています。

過去には世界的に有名ブランドの商品の一部にギベオンを使用したことから話題になり、現在でも人気が非常に高いパワーストーンです。
宇宙からもたらされた為、現在出回っているので最後といわれる数少ない貴重なパワーストーンですが、身につけていると不思議なパワーを感じることができるかもしれませんね!

このページでは、ギベオンについて詳しく説明していきます。

 

ギベオンについて

ギベオンはメテオライト(隕石)で有名なパワーストーンです。
発見されたのは1936年にナミビア共和国で、調べたところ成分的には地球にも普通に存在している鉄やニッケルを中心に形成されていることがわかっています。
また、地球には存在しない成分も微量ながら含まれているともいわれています。

発見されたのは比較的新しいですが、地球に飛来してきたのは4億5千年以上も前だと推定されています。
地球の年齢は約45億年といわれているので、宇宙のスケールで考えると比較的新しい時代に落下してきたといえるのかもしれませんが、私たち人間からしてみれば気が遠くなるほど遥か昔の時代ですね!

発見されたギベオンには表面にあまりにも特徴的な”模様”がありました。
この模様はウィドマンシュテッテンと名づけられ、地球の自然環境では作り出せないことも分かっています。
なぜなら、ギベオンを形成する鉄分を超高温かつ超気圧という想像を絶する環境下で長い時間さらされなくてはこの模様はできないからです。

この美しい模様をより表現するために、エッジングという加工が施されます。
エッジングとは、酸性の液体をかけて表面の微量の鉄分を溶かす加工です。
ギベオンは酸をかけると溶け具合に差があります。
その”差”によって美しいウィドマンシュテッテンと呼ばれる模様が現れるのです。

発見された場所がナミビア共和国でしか確認されていないギベオンは、飛来してきた全てのものはすでに回収されたといわれています。
つまり、今市場に出回っているものが人の手に渡るというのを繰り返しているわけです。
もう全く新しいものが出回ることはないと考えると、かなりの希少価値があるパワーストーンであることがわかります。

市場に出回っているギベオンは、ビーズ状をはじめペンダントやリングのアクセサリーが多く見られます。
どれも見事な模様が現れているのが一目瞭然です。
特にペンダントでは板状のギベオンの上にクリスタルでコーティングしたものが目を惹きます。
色彩もシルバーの他に、ピンクやゴールドなどの色を付けたバリエーションが存在します。

かなり高価で取引されているパワーストーンですが、それ以上の価値あるものであることは間違いありません。

ギベオンの意味・歴史

ギベオンの石言葉

  • 無限の可能性
  • 問題解決
  • 順応性
  • 強化

ギベオンの歴史・伝説

ギベオンは1936年にナミビア共和国で発見され、発見された砂漠地帯の名にちなんでギベオンと名づけられたそうです。

主に鉄分を主成分とするため、発見されたものは赤み帯びていたり黒っぽかったりしていました。
つまり錆びた状態だったんですね。
このギベオンのウィドマンシュテッテン構造をはっきり出すための酸をかけるエイジング加工を行い、また錆びないように表面をコーティング加工することで、市場に出回っている美しい色彩になるのです。

この独特な模様は世界的に賞賛され、有名なものではロレックスの高級時計に使用されたことがあるくらいです。

ギベオンによるヒーリング効果やエネルギー

  • どんなことでも成し遂げる未知なるパワーをもたらす
  • 問題解決力を高める
  • 全く新しい地ににいってもすぐに馴染める順応性を身につける

ギベオンはこんな方におすすめ!

ギベオンは”無限の可能性”のパワーを与えてくれるパワーストーンです。
現状では物足りないと感じたり、自分の力を最大限に発揮しさらに上を目指そうとする方の強力な味方になってくれるでしょう。
強力な重力と引力で、特に必要なものとそうでないものを見極め様々な問題を解決するサポートをしてくれるパワーストーンでもあります。
また、海外などいったことの無い場所へ行ってもすぐに適応できるような順応性をあたえてくれるパワーストーンでもあります。

中心となるリーダー的存在の方や経営者にはぴったりのパワーストーンであるといえます。

ギベオンの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

主成分が鉄なので、水と塩に弱いです。
浄化は、よく晴れた星空の下においてあげると良いとされています。

表面の美しい模様に傷が入らないよう衝撃には注意しましょう。

ギベオンの鉱物データ

英名 gibeon(ギベオン)
和名

鉄隕石(てついんせき)

主な産出地

ナミビア共和国

主な色彩

銀色など

モース硬度 9
比重 7.00~8.00
光の屈折率
組成・構成 FeとNi(鉄とニッケル)が主
結晶系
へき開性 なし

 

ギベオンとの効果的な組み合わせ

ギベオンを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ギベオン + 水晶

ギベオン + クリスタル(水晶)
【ギベオンの宇宙的エネルギーを最大限に発揮】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です