カラーを使いこなして細身に見せる”着やせ”テクニック

収縮色

スポンサーリンク



「色」は人間の”心理”に大きく働きかける効果があります。
全く同じものであっても色彩の違いによって印象や見た目が全く違って見えるということは誰もが経験したことがあるはずです。

また、同じものでも色彩によって若干”大きく見えたり小さく見えたり”するのです。
色には、「膨張色」や「収縮色」などといわれるものがあり、大きく見えるのは膨張色を見ているとき、小さくスマートに見えるときは「収縮色」を見ているからです。

この効果はファッションでも重要な要素で、カラーコーディネートする際に意識しなくてはいけません。
そして、このスマートに見せることができる「収縮色」をうまく利用することで、より細身に見せることも可能です。

ここでは、収縮色をうまく利用したテクニックを紹介していきます。

 

見た目をスマートに見せる「収縮色」とは?

収縮色

収縮色とは、爽やかさや冷たさを感じるような引き締まった色であるため寒色とも呼ばれ、主に暗めのカラーが収縮色と呼ばれるものにあたります。

収縮色の中でも最もスマートで引き締まって見えるカラーが「黒」です。

収縮色の特性

黒は引き締まった感じを演出するのに欠かせない色です。
画像右の二つの丸の中央に白と黒の円がありますが、白の方が大きく見えませんか?
実際には、全く同じ大きさで色のみが違うだけなのです。
この小さい円でも分かる方はハッキリと分かるほど違いがあるので、人が身につける「ファッション」での色彩の影響は本当に大きいといえます。

しかし、黒はスーツスタイル以外にお洒落に着こなすという観点ではコーディネートが非常に難しい色でもあります。

そこで、他の収縮色をうまく利用することでお洒落に細身のファッションを楽しむことができます!

黒以外の主な収縮色

【ブラウン系】

収縮カラー【ブラウン系】

ブラウン系は地味なイメージも強い色ですが、逆に高級感やエレガントさを演出するには欠かせないカラーです。
黒でも同じですが、全身にこのような引き締まって見えるカラーを使用すると重たいイメージになってしまうので気になるところにブラウン系などのカラーのものを使用すると効果が絶大だといいます。

主なブラウン系のパワーストーン

smorkyquartz_300

茶系パワーストーンの代表的存在といえば「スモーキークォーツ」で間違いありません!
透明度抜群のスモーキークォーツは、ブレスレットであれば手首をすっきりとした感じで、尚且つエレガントに身につけることができます。
これがネックレスなら首周りや胸元をスマートに見せることができるでしょう。

 

【ブルー・ネイビー系】

収縮カラー【ブルー・ネイビー】

爽やかなブルーやネイビーは、「どんな色にも合わせやすい」色として幅広く活用されています。
それだけに、幅広い年代層を対象としたネイビー色の服も非常に多いです。

特に爽やかで紳士的な雰囲気を持つことから「大人カッコいい」カラーとしてかなりの人気があります。

青系のカラーは、全体的に強弱さえ付けてしまえば全く違和感無く着こなせるほどお洒落なカラーです。
爽やかさを演出するだけでなく、涼しげのある色彩でもあるので夏には欠かせない存在でもあります。

主なブルー・ネイビー系のパワーストーン

lapislazuli_300
アパタイト|kirakira工房
ソーダライト|kirakira工房

上から「ラピスラズリ」「アパタイト」「ソーダライト」です。
どれも青色~ネイビー色が美しいパワーストーンで、男女問わず気軽に身につけることができます。

私がファッションデザイナーから聞いた話では、「収縮色は全身で揃えてしまうと地味」でも「ピンポイントで気になる部分(例えば脚やお腹周りなど)の付近に収縮色の服やアクセサリーを付けると効果的」とのことです。

そういえばベルトって、黒や茶のものが多いような気がしますが、もしかしたら収縮色の効果を利用して、スマートに見せるためにそのようなカラーが多いのかもしれませんね。

普段から派手なファッションを好んでする方も、部分的にちょっと暗めで引き締まるような色のものを利用すると、さらにお洒落度をアップしたファッションを楽しむことができるはずです!

収縮色とあわせて使用したい魅惑の「中性色」

中性色とは、黒に近い「収縮色」や白に近い「膨張色」のどちらにも属さないとされる色をいいます。
見方や他の色彩との組み合わせで、膨張色の様に見えたり、収縮色に見えたりするのが特徴です。
この中性色を活用することで、さらに多くの色彩のファッションを楽しむことができるといいます。

魅惑の「中性色」

【グリーン系】

中性色【グリーン系】

深い森のような癒しを感じるカラー。
疲れたときは遠くの緑を見るといいというように、この緑にリラックスの効果を抱く方は非常に多いです。

ファッションでは「緑の服を着こなすのは難しい」といわれています。
しかし、アクセントとして部分的に使用する程度なら誰でもお洒落に着こなすことのできるカラーです。

【パープル系】

中性色【パープル系】

とにかく高貴でエレガントなイメージの強い紫色。
紫色もコーディネートが非常に難しいカラーで知られています。

高貴なカラーは、物によっても見え方が異なる場合が多く、特にアクセサリーなどの装飾品では高級感があるように見えるのです。
コーディネートの一つにお洒落な紫色のアクセサリーを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

【ピンク系】

中性色【ピンク系】

非常に明るいカラーなので、膨張色に入るカラーかもしれませんが、実は「すっきり」や「スマート」に見せることができる面白いカラーでもあるのです。

ピンク色は中性色の中ではコーディネートしやすいカラーで、女性から絶大な人気がある色です。
どこか一箇所にだけピンク色のものを身に付けるだけで、シンプルにかつお洒落に見せることができます。

 

まとめ

コーディネートというのは「無限の選択肢」があるといっても過言ではなく、お洒落を意識しはじめると有名人やモデルさんのコーディネートを参考にしたりしますよね。

でも、このような方のコーディネートって個性溢れるファッションで、特にモデルさんのファッションってとってもお洒落に見えるけど、自分では真似できないっていうのも多いんですよね。

そういう時は、「その方が身につけている”色”」に注目してみると、ファッションの視野がぐ~んと広がります!
色を楽しむということは、相手に与える印象を自在にコントロールするということでもあります。

ファッションの中で、「特に細く見せたい!」「スマートに見せたい!」という方は、収縮色をうまくコーディネートしてお洒落に決めましょう!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です