色彩が自分や相手に与えてくれる印象と効果

色彩

スポンサーリンク



パワーストーンの最大の魅力ひとつである「色彩」。
多くのカラーバリエーションの中から自分の好きな色の石を選べるって嬉しいですよね!

色彩の多さからファッションなどの装飾品として多く利用されたり、陶芸品や細かい部品などにまで幅広利用されていたりします。

パワーストーンを購入する際に、「色彩で選ぶ」という方も多いはずです。
多くあるパワーストーンで、特に気になるものは今自分が欲しているカラーだともいわれます。

このページでは、色彩が自分にもたらしてくれる効果や、相手に与える印象について説明していきます。

 

「赤色」が与えてくれる印象と効果

赤色

赤といえば信号機の赤色や消火器などをイメージできるかと思いますが、人間は「赤」という色を見ると”危険”を察知するといわれます。
それ故に、赤は目立ちやすい色ではありますが、目がすぐにいってしまいがちなカラーなのです。

確かに、文章でも重要な部分は必ず赤色で書かれていますよね!?
文字を書くときも大切な部分や覚えなくていけない部分は赤ペンで書いたり、赤線を引いたことは誰でもあると思います。

また、人は赤色を見ると「興奮」のような状態になったり、情熱的な感覚を覚えるともいいます。
情熱的でエネルギッシュな気分にさせてくれるのも赤色の特徴といいます。

赤色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:情熱、エネルギッシュなパワー、力強さ、明るさ、お洒落

【マイナスの影響】:危険な印象、乱暴

 

「ピンク色(桃色)」が与えてくれる印象と効果

ピンク色

ピンク色は女性を象徴するカラーともいわれ、美しさを表現するのによく使われるカラーです。
また、ピンク色には恋愛感情や甘い恋のイメージを抱かせてくれる色彩でもあり、ピンク色が好きな女性は本当に多いです。

女性専用の商品である化粧品であったり、店の外装や内装の所々に使用されることが多く、美意識を高める効果があるとされます。

美意識といえば、現在では男性も取り入れる時代でピンク色のメンズ商品も多く存在します。
ピンク色のワイシャツをお洒落に着こなしている男性って本当にカッコよく見えますよね!?

美意識を高めることで、日々の私生活の改善や習慣性をもたらし、美しく輝く人間になる効果があるといいます。

ピンク色(桃色)が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:甘い恋、美しさ、憧れ、お洒落を追求

【マイナスの影響】:弱いイメージ

 

「黄色」が与えてくれる印象と効果

黄色

黄色といえば太陽をイメージするかのような色彩で、風水的にもとても縁起のよいカラーといわれています。
よく黄色の財布を持つとお金の循環が良くなるとかいわれますよね。

黄色は信号でも使用されているカラーで、赤色ほどではありませんが気持ちを高ぶらせる”情熱”のような感覚をもたらす色彩といわれています。
赤色と同じように、人目に触れやすいため危険を知らせる場所だったり、重要な部分によく使用されるカラーです。

また、見ているとそれだけで幸せな気分や楽しい気分にさせてくれることから、良い人間関係を築いたり、コミュニケーション能力の向上に役立つ色彩でもあるそうです。

黄色が与えてくれる印象と効果のまとめ

 

【プラスの影響】:幸せな気分、情熱的、明るさ、温かみがある、良い人間関係、コミュニケーション

【マイナスの影響】:膨張して見える場合がある、軽く見える

 

「緑色」が与えてくれる印象と効果

緑色

森や草木など大自然をイメージさせてくれる緑色は、リラックスの効果だっり、安心感を覚えるような色彩です。
目が疲れたときは”遠くの自然をジッと見るといい”という話は有名ですよね。
緑とは見ているだけで、癒しの効果をもたらしてくれる色彩なのです。

また、人間に備わっている「五感」のひとつである”臭覚”と関係が最も深い色彩ともいわれています。
イベントや勝負服で緑色のものを身につける際に、あま~い香りの香水なんて付けたら注目度バツグンかも!?

緑色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:平和的、癒し、リラックスの効果、優しい気持ちにさせる、新鮮なイメージ

【マイナスの影響】:未熟さ、保守的なイメージ

 

「青色」が与えてくれる印象と効果

青色

青い海、青い空をイメージさせてくれる青色の色彩は、とにかく「爽やか」な印象をあたえてくれる色彩といいます。
爽やかさは、清潔感を与え落ち着いたイメージを与えてくれるカラーでもあります。
男性が着るスーツでも青に近いネイビーのものは、紳士的で清潔感バツグンのカラーです。

また、高まった感情を沈静して安定をもたらす効果があるカラーといわれ、情熱的な赤とは対象の存在といえます。
爽やかで清潔感のあるカラーといわれる反面、時に冷酷さや悲しみなどを表現するときにも用いられるカラーです。

青色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:紳士的、清潔感、爽やかさ、開放的、安定、感情を抑える

【マイナスの影響】:冷酷、悲しみ、不安、寂しさ

 

「茶色」が与えてくれる印象と効果

茶色

茶色は土や木々などをイメージしやすいカラーですが、どちらかというと目立たない色彩です。
私たちの暮らしの中で利用されている様々な場所や物に多く使用されているカラーで、自然的に溶け込んでいるため見慣れたカラーであることから、一見して地味に見えるのかもしれません。

色合いとしてはシックで落ち着きを与えてくれるカラーであり、木で作ったものはとても高級感があります。
茶色い色彩は、場合によって地味に見えたり、高級感あふれる色彩にも見える面白いカラーといえます。

茶色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:優しいイメージ、温厚、温和、平和的、大人のイメージ

【マイナスの影響】:地味なイメージ

 

「黒色」が与えてくれる印象と効果

黒色

黒は光を通さない色彩から暗いイメージが強い色彩ですが、とても存在感のアップさせてくれるカラーでもあります。
黒い色彩を見ると重圧感を感じるということから、かつては権力を示すカラーとして貴族や身分の高い人たちが好んで身につけていたカラーでもあります。

ゴールドやプラチナのさらに上に、ブラックカードやブラックラベルというように「黒」が利用されていることからも富裕層たちからは特別なカラーであることが分かりますね。

服装では黒色をイメージすると、地味なファッションをイメージすることが多いですが、これがスーツスタイルだと一転してお洒落なイメージへと変わります。

黒い色彩は、とにかくお洒落や高級感を追求したものにこそ、良く合う色彩なのかもしれませんね。

黒色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:紳士的な大人のイメージ、高級感を演出、クール、自信に満ちた人、身分が高い

【マイナスの影響】:地味、暗い、恐怖

 

「白色」が与えてくれる印象と効果

白色

白色は、頭の中でイメージするだけでも清潔感が伝わってくる色彩です。
純粋を象徴する色彩ともいわれ、子供の頃のような無邪気な心や冒険心を与えてくれるカラーだといわれています。

白色の特徴としては、光の反射が強いところにあります。
これにより他のカラーよりも膨張して見えたりすることがあるため、膨張色して表現されることもあります。

また、光の反射の効果が強い白色は、他の色彩をより目立たせる効果があります。
つまり、白色と組合わせることでより綺麗に見せることができるのです。
なのでファッションの分野では白色は欠かせない存在です。

白色が与えてくれる印象と効果のまとめ

【プラスの影響】:無垢なイメージ、清潔感バツグン、純粋さ

【マイナスの影響】:味気ないイメージ

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です